Month: September 2016

ブランドのメールオーダーサイトを見ていて発見

いくつかの呼び物プチプラファッションのブランドを持つとあるウェブでの通販が好きで鋭く利用するボク。お手頃プライスなのにお洒落でキレイ目にもラフファッションにも着れて只今っぽくて、こちらのファッションはたえずヘビロテだ。それでも、体格発想など微妙に気になるボトムスなどのファッションは実売り場をめぐって着てみてから購入することも多いのです。 今日めずらしくスマホを持っていないボク。通販は単に端末で。それでそのブランドの会員登録は端末でしていてスマホではしていないので、実売り場で宅配をするとポイントがつかないとあきらめていました。 そんな時、そのブランドのメールオーダーサイトを見ていて発見してしまいました。ウェブのマイページからバーコードを印刷してそれを売り場で宅配の際に取り出したらポイントが貯まるに関してを…。ひえ~!チャンスの変わり目でこういう最初か月そのブランドの実売り場でかなりの宅配をしたのに、全部捨てていたなんてぇ…。諦めきれずに言語道断成分でそのブランドのウェブにポイントの下部付が出来ないか問い合わせてみました。 そうすると親切にも最近のものであれば領収証に記載されている数字などの詳細をメルアドで伝言したら特別に下部付してもらえるというお応え?さっそく最近の宅配でポイントをつけていなかったパイを報告して待つケース数日。ウェブを確認してみたら必ずポイントがついていました。 ありがと~?これからもまたこういうブランドばかりお買いものするっ!せふれ募集、せふれの作り方ならココ


子宮を取り去るかどうか、悩みました

今日は、愛犬の施術のお天道様でした。 我が家の愛犬はポメラニアンの女子だ。 子宮を取り去るかどうか、悩みました。もしものことがあったら、麻酔からまぶたが覚めなかったらという 不安もたくさんありましたが、恋人とも対話お子様を産ませる予定はないので病のリスクが 鎮まるならという気持ちをしたのです。 夕べから絶食のまま病気へいきました。 レビューを聴き、夕暮れに面会できるので恋人といった購入をしたりして 年月が経つのを待っていました。 も、無性に落ち着かなくて見紛うのは愛犬のことばかりでした。 真昼ご飯を食べている時に、医者から呼出がきました。 何かあったのではないかと、ドキドキしながら呼出にでると、乳歯がのこっているので 一緒に抜いておきますとのことでした。 はぁ、驚嘆・・・。 夕暮れになり、面会に行くという教員から「安泰終わりましたよ。」という記事をうけ摘出した子宮を 見せてもらいました。 愛犬は、ふと麻酔の反映もあるのかぼーっとしていましたが私たちのルックスを見るとしっぽを ふってケージの瀬戸際まできて、方策をペロペロしてくれました。 意外にも気合いそうな愛犬のルックスにいくぶんホッとして医者をのちにしました。 2泊3お天道様の入院なので明後日おむかえにいって来る。 2泊も離れた店ないから安心かなと心配ですが、教員を信じて待ち受けたいと思います。
Read More…


しばしば、ジェネレーション不詳と言われます。

こちらが自分で経営している塾の大学生たちが大騒ぎしたことなのですが。 5月2太陽はこちらのバースデイだ。GWの中でウィークデイだったので、普通にコースを通していたのですが、どんなあらましかは忘れましたが、「あ!今日は自分のバースデイです!」と大学生たちに言うと、「え!そうなの!?おめでとう!!」「自分たちが居て良かったね。ウィークデイで良かったね。おめでとう!」など、祝福の言及をいただきました。 その中である大学生から「そういえば教員って、幾つ!?」といった聞かれました。 「近頃で36年代になったよ。」と答えると、「はぁ!?!?」「変装やろ!?」「どうしてそんな逆サバ言うの!」「ありえんやろ!!」「25~27くらいにしか思えん!!」って、大量の素晴らしい言及を言ってくれました。 こちら「些か待て!現在入ってきた大学生はそのフィードバックもイイけど、HとFはもはや2年もこういうセミナーにおけるだろ!自分の生年月日を知らんかった!?」 H「ええ、知らんかった。」 F「バースデイが5月2太陽ってのも、初めて聞いたよ。」 こちら「そんなにだった!?ま、良いや。」 H「およそさ、36年代でそういうスーパーサイヤヒトみたいなカラダとか、おらんよ!腹筋を見せてやってよ!」 こちら「よかろう。こんな感じ。」 大学生たち「ウオォ!バッキバキじゃん!」 こちら「戦闘部族だからな。争うために初々しい期間が長いんだ。」 F「はははははははは!ベジータ!!ブロンドに!?」 こちら「強要しねぇよ。」 直後、お呼びに来た親の方が「近頃がおバースデイなんですか。おめでとうございます。おいくつなんですか?」という。 こちら「近頃で36年代になりました。」 親「変装っ!!20代金かと思ってました。僕と決して貫くのに、なぜ案外・・・。風貌にシワが極めて薄いか!羨ましいぃ!」 どうしてかは、不明です。手こき足こきナビはこちら


体に蓄えたのは長旅の前の花粉の蜜

夏場太陽の温度が時々というタイミングになって陽ざしもサンサンという降りそそぐ、冬季もタンチョウ鶴などが飛来しますが初夏から夏はつばめとか蝶も飛んで来るらしき。 よろしいウエザーと空を眺めてから昼過ぎのコーヒーを完璧、やる気を入れ替えできた処でPCでYahoo!お知らせを押し並べて見れば、タイミング印象のある豆ムービー。 昆虫の等級ときの呼称はありませんでしたが、ネットで見てもアゲハほどかなとおもう様なでかい蝶々、旅する蝶という表題だったので異国からはるばる国内に飛来したのです、長旅でポーズとなっていました。鳥類ならば小型でも羽があるしつばめも鶴も長旅は持ち堪えみたい、蝶々のようで羽も生来昆虫も海を越えて飛ぶんだな~って妙な尊敬をしました。 鶴ならば鳥類としても広大ですから体も壮健と思えるけれど、か弱い蝶々が降水や独特、初夏の陽ざしも越えて飛来するとはほとんどたくましいものですね。 輸入作物にくっ付いていたり結果まま紛れて国内で高まる昆虫や魚類はいるらしいですが、自力で国内まで飛んでくるとはエナジーの燃費が長持ち。 つまらない体に蓄えたのは長旅の前の花粉の蜜などかな、さほど尊敬な点は感覚がすぐれているに関して、方位を見極める感覚も結構なものです。ハプニングバーの体験談サイト